懐石の文字は利久の高弟「南坊宗啓」より始まると言われております。禅宗の薬石と言う言葉から出ていると言われます。懐石は茶事の中に組みこまれた大切な食礼(食膳の作法)ですから、常の食事とは、おのずと違った約束事があります。一服のおいしいお茶を味わっていただく為に出来たフルコースの食事なのです。

 材料は季節の新鮮なものを選び、器との調和を考え、料理を出す間の時間を尊び、取り合せに心くばりする。これが茶の心であり、懐石であると思います。
 現在当店の事情にて 本懐石(つまり茶事を含む懐石は中止しております。当面は略式懐石のみの営業になります。


ミニ懐石 のご案内
 およそ日本料理の食事の作法には、伝統的な本膳料理と会席料理(料理屋宴会料理)、そしてお抹茶の席の懐石料理があります。現在当店では むずかしい食事の約束を簡略化しまして、お客様の御要望にそって調理いたします。
 最初にお抹茶を差し上げて、順に、お料理、お食事と言うことになりますので、お気がるに楽しく懐石料理を御賞味ください。
御 献 立 先 付 椀盛り 向 付 焼もの お凌ぎ
八 寸 強 肴 留 椀 御食事  

Copyright (C) 2002〜 MATSUURAYA All rights reserved.